自然を大切にしましょう、動物はそっと見守りましょう!

岩湧山の ガ(蛾)
更新)08.07.16

■日本のチョウ目

現在、日本産のチョウ目(鱗翅目)は、蝶類が6科で約250種、蛾類が79科で約5,900種、合わせて6,000種を超える鱗翅類が記録されています。しかし、研究が遅れている小蛾類を中心に、まだ多数の未記録種や新種が毎年記録報告されており、年々増えています。

■チョウとガ

 チョウ目は、昆虫類の分類群の一つで、いわゆるチョウとガがここに分類されています。鱗翅目またはガ目ともいわれています。チョウとガは、昼行性と夜行性、触覚が棍棒状と櫛状、派手と地味、胴体が細身と太身など、一般的な違いはありますが、いずれも例外が多くあって決め手はなく、生物学的に本質的な区別はありません。

■分類表


コバネガ上科(Micropterigoidea) コバネガ科(Micropterigidae)
スイコバネガ上科(Eriocranioidea) スイコバネガ科(Eriocraniidae)
コウモリガ上科(Hepialoidea) コウモリガ科(Hepialidae)
モグリチビガ上科(Nepticuloidea) モグリチビガ科(Nepticulidae) (Nepticulinae)
ヒラタモグリガ科(Opostegidae) (Opostegoidinae)
(Oposteginae)
マガリガ上科(Incurvarioide) マガリガ科(Incurvariidae)
ヒゲナガガ科(Adelidae) (Adelinae)
(Nematopogoninae)
ホソヒゲマガリガ科(Prodoxidae) (Lamproniinae)
(Prodoxidae)
ツヤコガ科(Heliozelidae)
ムモンハモグリガ科(Tischeriidae)
ボクトウガ上科(Cossoidea) ボクトウガ科(Cossidae) ボクトウガ亜科(Cossinae)
ゴマフボクトウ亜科(Zeuzerinae)
ハマキガ上科(Tortricoidea) ハマキガ科 (Tortricidae) ハマキガ亜科(Tortricinae)
ヒメハマキガ亜科(Olethreutinae)
マダラハマキガ亜科(Chlidanotinae)
ヒロズコガ上科(Tineoidea) ホソハマキガ科 Cochylidae
ミノガ科(Psychidae)
ヒロズコガ科(Tineidae)
チビガ科(Bucculatricidae)
ハモグリガ科(Lyonetiidae) (Lyonetiinae)
(Leucopterinae)
ホソガ科(Gracillariidae) ホソガ亜科(Gracillariinae)
キンモンホソガ亜科(Lithocolletinae)
オビギンホソガ亜科(Oecophyllembiinae)
コハモグリガ亜科(Phyllocnistinae)
コハモグリガ科(Phyllocnistidae)
スガ上科(Yponomeutoidea) アトヒゲコガ科(Acrolepiidae)
ナガヒゲガ科(Amphitheridae)[+ヒカリバコガ科(Roeslerstammiidae)]
スガ科(Yponomeutidae) スガ亜科(Yponomeutinae)
ニセスガ亜科(Praydinae)
メムシガ亜科(Argyresthiinae)
メムシガ科(Argyresthiidae)
ホソハマキモドキガ科(Glyphipterigidae) ホソハマキモドキガ亜科(Glyphipteriginae)
ササベリガ科(Epermeniidae) ササベリガ亜科(Epermeniinae)
マイコガ科(Heliodinidae)
ホソマイコガ科(Schreckensteiniidae)
スカシバガ上科(Sessoidea) ヒロハマキモドキガ科(Brachodidae)
スカシバガ科(Sesiidae) ヒメスカシバ亜科(Tinthiinae)
スカシバガ亜科(Sesiinae)
ハマキモドキガ科(Choreutidae)
ネムスガ科(Galacticidae)
ニセハマキガ上科(Immoidea) ニセハマキガ科(Immidae)
キバガ上科(Gelechioidea) マルハキバガ科(Oecophoridae)
スヒロキバガ科(Ethmiidae)
ニセマイコガ科(Stathmopodidae)
ヒロバキバガ科(Xyloryctidae)
クサモグリガ科(Elachistidae)
ホソキバガ科(Batrachedridae) ホソキバガ亜科(Batrachedrinae)
(Epimarptinae)
ツツミノガ科(Coleophoridae)
エダモグリガ科(Parametriotidae)
アカバナキバガ科(Momphidae)
ネマルハキバガ科(Blastobasidae)
キヌバコガ科(Scythrididae)
カザリバガ科(Cosmopterigidae) カザリバガ亜科(Cosmopteriginae)
マイコモドキ亜科(Antequerinae)
ヒゲナガキバガ科(Lecithoceridae) ヒロバヒゲナガキバガ亜科(Oditinae)
ホソバヒゲナガキバガ亜科(Lecithocerinae)
(Torodorinae)
キバガ科(Gelechiidae) (Apatetrinae)
(Gelechiinae)
(Teleiodinae)
(Metzneriinae)
(Anacampsinae)
(Aristotelinae)
(Dichomeridinae)
ニセキバガ科(Symnocidae)
シンクイガ上科(Copromorphoidea) ニジュウシトリバガ科(Alucitidae)
シンクイガ科(Carposinidae)
マルバシンクイガ科(Copromorphidae)
マダラガ上科(Zygaenoidea) マダラガ科(Zygaenidae) クロマダラ亜科(Procridinae)
ホタルガ亜科(Chalcosiinae)
マダラガ亜科(Zygaeninae)
セミヤドリガ科(Epipyropidae)
イラガ科(Limacodidae) イラガ亜科(Limacodinae)
メイガ上科(Pylaloidea) セセリモドキガ科(Hyblaeidae)
マドガ科(Thyrididae) アカジママドガ亜科(Striglininae)
マドガ亜科(Thyridinae)
マダラマドガ亜科(Siculodinae)
ツトガ科(Crambidae) ヤマメイガ亜科(Scopariinae)
ツトガ亜科(Crambinae)
オオメイガ亜科(Schoenobiinae)
モンメイガ亜科(Cybalomiinae)
シダメイガ亜科(Musotiminae)
ミズメイガ亜科(Acentropinae)
クルマメイガ亜科(Odontiinae)
ニセノメイガ亜科(Evergestinae)
ノメイガ亜科(Pyraustinae)
メイガ科(Pyralidae) ヅリガ亜科(Galleriinae)
シマメイガ亜科(Pyralinae)
フトメイガ亜科(Epipaschiinae)
マダラメイガ亜科(Phycitinae)
トリバガ上科 Pterophoroidea) トリバガ科(Pterophoridae) (Ochyroticinae)
(Deuterocopinae)
カマトリバガ亜科(Pterophorinae)
(Macropiratidae)
シャクガ上科 Geometroidea) カギバガ科(Drepanidae)
オオカギバガ科(Cyclidiidae)
トガリバガ科(Thyatiridae)
シャクガ科(Geometridae) カバシャク亜科(Archiearinae)
エダシャク亜科(Ennominae)
ホシシャク亜科(Orthostixinae)
フトシャク亜科(Oenochrominae)
フユシャク亜科(Alsophilinae)
ホソシャク亜科(Desmobathrinae)
アオシャク亜科(Geometrinae)
ヒメシャク亜科(Sterrhinae)
ナミシャク亜科(Larentiinae)
ツバメガ科(Uraniidae) [+フタオガ科(Epiplemidae)] フタオガ亜科(Epipleminae)
ギンツバメガ亜科(Microniinae)
オオツバメガ亜科(Uraniinae)
アゲハモドキガ科(Epicopeiidae)
イカリモンガ上科(Calliduloidea) イカリモンガ科(Callidulidae) イカリモンガ亜科(Callidulinae)
カレハガ科(Lasiocampidae) カレハガ亜科(Lasiocampinae)
オビガ科(Eupterotidae)
カイコガ上科(Bombycoidea) カイコガ科(Bombycidae) カイコガ亜科(Bombycinae)
イボタガ科(Brahmaeidae)
ヤママユガ科(Saturniidae) ヤママユガ亜科(Saturniinae)
エゾヨツメ亜科(Agliinae)
スズメガ上科(Sphingoidea) スズメガ科(Sphingidae) ウチスズメ亜科(Smerinthinae)
スズメガ亜科(Sphinginae)
ホウジャク亜科(Macroglossinae)
シャチホコガ上科(Notodontoidea) シャチホコガ科(Notodontidae)
ヤガ上科(Noctuoidea) ドクガ科(Lymantriidae)
ヒトリガ科(Arctiidae) コケガ亜科(Lithosiinae)
カノコガ亜科(Syntominae)
ヒトリガ亜科(Arctiinae)
カノコガ科(Ctenuchidae)
ヒトリモドキガ科(Aganaidae)
コブガ科(Nolidae) コブガ亜科(Nolinae)
リンガ亜科(Chloephorinae)
シロズリンガ亜科(Westermanniinae)
キノカワガ亜科(Bleninae)
リュウキュウキノカワガ亜科(Risobinae)
ワタリンガ亜科(Eariadinae)
シンジュガ亜科(Eligminae)
ヤガ科(Noctuidae) ヒトリモドキガ亜科(Aganainae)
クルマアツバ亜科(Herminiinae)
アツバ亜科(Hypeninae)
フサヤガ亜科(Euteliinae)
ホソヤガ亜科(Stictopterinae)
シタバガ亜科(Catocalinae)
キンウワバ亜科(Plusiinae)
コヤガ亜科(Acontiinae+Eustrotiinae)
トラガ亜科(Agaristinae)
セダカモクメ亜科(Cuculliinae)
カラスヨトウ亜科(Amphipyrinae)
ケンモンヤガ亜科(Acronictinae)
キノコヨトウ亜科(Bryophilinae)
アオイガ亜科(Bagisarinae)
タバコガ亜科(Heliothinae)
ヨトウガ亜科(Hadeninae)
モンヤガ亜科(Noctuinae)
トラガ科(Agaristidae)
注)ガ(蛾)の分類は「List-MJ 日本産蛾類総目録」によりました。

■岩湧山のガ(蛾)
アゲハモドキガ科 Epicopeiidae
○キンモンガ(金紋蛾)Psychostrophia melanargia
大きさ32〜39mm、黒字に黄色い紋、昼間に羽を広げて留まっていることが多い。良く見かける。

交尾中。蝶のように上が雌か?(6月上旬)

紋の色が薄いのもいる。(8月中旬)

オトコエシに留まる。(8月下旬)

イカリモンガ科イカリモンガ亜科 Callidulinae
○イカリモンガ(錨紋蛾)Pterodecta felderi
大きさ(開帳)35mm前後、角張った翅を持つ。オレンジ色の紋が錨に似ている。昼に活動し、翅を閉じて留まる。山中では珍しい。

ヒメジョオンの蜜を吸う。(6月下旬)

ウドの蜜を吸う。(8月下旬)

前翅の先が折れていない。(10月上旬)

マダラガ科 Zygaenidae
○ホタルガ(蛍蛾)Pidorus glaucopis
大きさ(開帳)45〜60mm前後、赤い頭に黒い翅からホタルの名が付いた。白い帯がよく目立つ。昼に活動し、ふらふらと飛ぶ。

触覚が太い。(6月下旬)

白い帯がV字となる。(7月上旬)

 注)間違っている箇所、疑問の点がございましたら、メールを頂ければ有り難く思います。

inserted by FC2 system