《10月観察会の予定》17.10.08
■テーマ

 朝晩は涼しくなり、秋が一気に深まっています。10月も終わりに近付き、花は残り少なくなり、花のシーズンの終わりを告げる頃となります。今月は目を最後の花から実に転じたいと思います。実りの秋、草木には色とりどり、様々な形の実がなっています。

●観 察

 花の最後を飾るリンドウ、センブリ、キッコウハグマを楽しむ一方、様々な草木の果実を目で味わいたいと思います。

 果実については、色別では、ツルリンドウ、ヤブコウジモなどの赤い実、黒い実ではナンバンハコベ、ヤブニッケイなどの黒い実、ムラサキシキブの紫の実などが見られ、散布の仕方では、チジミザサ、ヌスビトハギなどの引っ付くもの、クサイチゴやヒメコウゾなどの動物の食糧になって運ばれるもの、ススキやヤマノイモなどの風で飛んでいくものなど様々な種子や果実が見られるでしょう。

 「10月観察会のポイント」で『種子や果実の散布』を紹介していますのでご覧下さい。


■スケジュール

 定例コースを歩きます。

09:00〜09:30 ◆ 「四季彩館」で本日の説明、栞の配布など

09:30〜10:15 △ 「いにしえの道」を登りながら自然観察

10:15〜12:00 △ 「いわわきの道」を登りながら自然観察

12:00〜12:30 △ 「ダイトレ・巻き道」を登りながら自然観察

12:30〜13:00 ★ 「巻き道」で昼食

13:00〜13:30 △ 「巻き道・ダイトレ」を登りながら自然観察

13:30〜13:45 ★ 岩湧山の頂上で小休止

13:45〜14:15 ▽ 「ダイトレ」を下りながら自然観察

14:15〜15:30 ▽ 「きゅうざかの道」を下りながら自然観察

15:30〜16:00 ◆ 「四季彩館」で次回観察会等の打合せ


 注)前年同月の観察会の様子はこちら、観察した植物はこちらです。
inserted by FC2 system