《5月観察会の予定》17.05.23
■テーマ

  木々の緑が淡い色から濃い緑へと変わっていき、落葉樹の森では徐々に明るさが少なくなっていきます。春は通り過ぎつつあり、花の種類は少なくなっています。春の背丈の低い可愛い花から、背丈が大きくなって、清楚で大人びたような花が増えてきます。そんな、晩春の日を楽しみたいと思っています。

●観 察

 梅雨前のこの時期は、春の花から夏の花へ入れ替わる、花の端境期に入ります。

 サトイモ科テンナンショウ類、スイカズラ科ツクバネウツギ属の花を見比べたいと思います。(「5月観察会のポイント」参照)

 そのほか、草本ではフタリシズカ、キクムグラ、ミゾホオズキ、ミズタビラコ、サワギク、木本では、コガクウツギ、マルバウツギ、スノキなどが見られるでしょう。


■スケジュール

 いつもと異なり、いにしえの道〜ぎょうじゃの道〜いわわきの道〜ダイトレ〜カヤ原〜きゅうざかの道のコースを歩きます。

09:00〜09:30  ◆「四季彩館」で本日の説明、栞の配布など
09:30〜10:00  ▽「いにしえの道」を下りながら自然観察
10:00〜11:00  △「ぎょうじゃの道」を上りながら自然観察
11:00〜12:00  △「いわわきの道」を登りながら自然観察
12:00〜12:30  △「ダイトレ・巻き道」を登りながら自然観察
12:30〜13:00  ★「巻き道」で昼食
13:00〜14:00  △「巻き道・ダイトレ」を登りながら自然観察
14:00〜14:15  ★岩湧山の頂上で小休止
14:15〜15:30  ▽「ダイトレ・きゅうざかの道」を下りながら自然観察
15:30〜16:00  ◆「四季彩館」で次回観察会等の打合せ


 注)前年同月の観察会の様子はこちら、観察した植物はこちらです。但し、第3土曜日です。
inserted by FC2 system