《3月観察会の予定》18.02.22
■テーマ

 先月に引き続き、シダ植物に精通しておられる辻井さんを講師に招き、少し難しいオシダ科のシダ植物を中心に観察したいと思います。

●観 察

 シダ植物は、日陰、湿気を好むため、いにしえの道など薄暗い谷沿いに多く生育しています。この時期でも、常緑性のシダが80種ほど見られます。
 今月は一番多く見られて、かつ判別しにくいオシダ科のシダを観察します。似通った、クマワラビ、ベニシダ、イタチシダ、カナワラビ、ヤブソテツ、イノデの仲間のほか、ジュウモンジシダ、リョウメンシダ、ナンゴクナライシダ、オオクジャクシダ、キヨスミヒメワラビ、ヒメカナワラビなどが対象です。
 似たシダ植物の比較は、「3月観察会のポイント」で行っていますので、ご覧下さい。


■スケジュール

 「ぎょうじゃの道」を登る変則コースを歩きますが、当日変更することもあります。

09:00〜09:45 ◆ 四季彩館で栞の配布、本日の予定の説明など
09:45〜10:30 ?? 「いにしえの道」を自然観察しながら下山
10:30〜11:30 ? 「行者の道」を自然観察しながら登山
11:30〜12:15 ? 「いわわきの道」を自然観察しながら登山
12:15〜12:45 ?? 「林道」を自然観察
12:45〜13:00 ? 「いにしえの道」を自然観察しながら下山
13:00〜13:30 ★ 「四季彩館」で昼食
13:30〜14:30 ◆ 「四季彩館」でシダ植物の同定や感想など


 注)前年同月の観察会の様子はこちら、観察した植物はこちらです。
inserted by FC2 system