ホタルブクロ(キキョウ科ホタルブクロ属)蛍袋
10.12.22

上部に花を付ける
葉柄には翼がある
葉脈は凸になり、脈状に毛がある
茎が赤い、下向きに白い毛
上部の葉腋に花1個ずつ、先端の閉じた状態の蕾では既に花粉は出来ている
筒状の花を下向きにぶら下げる
雄しべが雌しべを包んでいる
雄しべが雌しべを包んでいる
雄しべは裂開し、花粉が見える
雌しべは刷毛状
花柱には既に花粉が付いている
萼裂片の間は反対側に折り返す
基部側に行くほど赤い斑点が多い、内部には長い開出する白毛
雌しべの柱頭には花粉、雄しべは花粉を出し終わり萎れる
柱頭には密生する透明な毛の間に花粉
子房は下位、多数の胚珠
雄しべは5個
花糸の下側は幅広で、花粉を出し終わった葯は螺旋状に丸まる
雌性期の雌しべ、柱頭が開く
柱頭は3裂、表面は細かい短毛が密生

茎上部に花をぶら下げる
花冠は釣鐘型で、萼に反り返りの付属体がある
雌性期、柱頭が3つに開いている
左上より、雄しべ5個、柱頭が開いていない雌しべ、花冠、萼(付属体も)
雄しべ、開花したときには萎れている
雌しべ、棍棒状の花柱の表面に細かい突起があって、自らの花粉を付けている

inserted by FC2 system