ウツボグサ(シソ科ウツボグサ属)靫草
10.07.01

対生、茎等に穂状花序
葉は対生、茎に4つの翼
低く細かい鋸歯
唇形花、2個の雄しべが閉じているのが雄性期、開いているのが雌性期
唇形花、筒状の萼
花後、この姿が矢を入れる靫に似ているという
唇形花と苞
2個の雄しべと雌しべ、雄しべは4個がふつうだが2個もあるようだ
雌しべの花糸の先端が尖る、葯は2室
柱頭は2裂、内側に花粉を付けている
子房は4つに分果
茎頂に穂状花序
唇形花、下から上に向かって咲く、上部で目立つのは苞
上唇の裏に雄しべ、雌しべ
雌しべ、雄しべは長短4個、花冠、萼
花糸の先は二又に分かれ、片方に葯
柱頭は2裂
茎頂に穂状花序
唇形花、上唇の下から雌しべの先が少し見える 
左より、萼(中に子房)花冠、雌しべ、雄しべ4個
雄しべ、葯は突き出るように付く
雌しべ、柱頭は2裂し尖る

inserted by FC2 system