クサギ(クマツヅラ科クサギ属)臭木
10.06.18

枝先に散房状花序、花は良い香りがする
ほぼ全縁、嫌な臭気がある
若い枝には軟毛、葉は対生で枝先に集まる
雄しべ4個は突き出て、雌しべは垂れる
雄しべが垂れると、雌しべが突き出る、雄性先熟
時間が経つと黄色くなる、左上より花柱、萼、子房、下左より、雄しべ、花冠
黒い葯
先を斜めに切ったような柱頭
萼の中の子房
裸芽、ハート形の葉痕、維管束は8個
上部葉腋から集散花序
雄しべは雌しべより突き出る、雄性先熟
雄しべ萎れて、雌しべ突き出る
上左より、雌しべ、萼、花冠、雄しべ4個
雄しべ、葯は縦裂
雌しべ、柱頭は緑色
赤紫色の萼に藍色の果実
核果
核が1個
紅色の萼、藍色の果実
核果、果肉はぬかの色
核は4個、長さ6mm

inserted by FC2 system