「岩湧山の近況」における特集から、随時、追加していきます。
キクタニギク アワコガネギク アブラギク

分類 種子植物/被子植物/真双子葉植物/キク亜綱/キク目/キク科/キク属
学名 hrysanthemum boreale 名前 「菊渓菊」は京都東山の地名に由来。「泡黄金菊」は黄色い小さい花が密集して咲く様子を泡に例える。
生活型 多年生草本 花果期 花10〜11月
植生地 山地の谷間のやや乾いた崖など 分布 本州(岩手県〜近畿地方)、九州(北部)
保護
利用
類似種 シマカンギク 観察地 岩湧山

全体 茎は叢生し、多く枝分かれし、茎頂に頭花が多数密集し、高さ1〜1.5mとなります。
下部は白味を帯びています 葉表 葉身は長さ5〜7cm、幅4〜6cm、羽状に深裂し、裂片先は鋭頭です。
葉裏 白味を帯びています。 花序 やや散状に、頭花が多数つきます。
頭花 直径約1.5cm、縁の雄性の舌状花、中央の両性の筒状花からなります。 頭花 総苞は長さ4mm、総苞片は3〜4列、外片は線形・狭長楕円形です。

備考
*)被子植物の分類は遺伝子系統、亜綱以後の分類はクロンキストの体系によっています。
*)保護は保護すべき種を示しており、絶滅危惧1類(絶滅の危機に瀕している種)、絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)、準絶滅危惧(存続基盤が脆弱な種)、情報不足(評価するだけの情報が不足している種)、要注目(注目を要する種)は「大阪府における保護上重要な野生生物(大阪府レッドデータブック)」の掲載種であり、指定自然公園法により金剛生駒紀泉国定公園の特別地域(公園の大部分)内で採取・損傷が禁止されている種です。
*)参考とした資料は平凡社「日本の野生植物」、保育社「原色日本植物図鑑」、山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑」等です。
*)画像の転載はご遠慮下さい。

inserted by FC2 system